「健太となかまたち」

「健太となかまたち」
汐文社刊
A5判150P 

単行本としては初めての本。
体の弱かった健太が、田舎に引っ越して動物の「兄弟」たちと走り回っていたら
たちまち元気になりました。
ほかにも仲間ができて、いっしょに野山をかけまわります。
誰の心にもある「ふるさと」を思い出させる作品。

挿絵は著名な宮崎耕平さん。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です