作家紹介

大森 あるま

児童文学、童話をメインに書いています。 読んでくださった人の「あー、面白かった」 の一言がなによりの励みです。 LINEスタンプ「いけずなシマ子」

越のカモ

「せなかにブラックホールをしょった女」。つまり、モノをよく失くしますが、童話への情熱は不滅です。小さい子やなかまに愛をこめて「カモちゃん」とよばれています。

アルガ

やさしい言葉で、ほんのちょっぴり心に残るような物語を書けたら、と思っています。森三郎童話賞・新美南吉童話賞・ニッサン絵本と童話のグランプリ(佳作と優秀賞)などに入賞。 甘党の方向音痴です。よろしくお願いいたします。

みろか あり

「あらしのよるに」の、きむらゆういち先生主催の、ゆうゆう絵本通信講座にて絵本を勉強しています。 読んだ人が、ホッコリするような暖かい絵本を作るのが目標です。よろしくお願い致します。

しいな さいち

新潟県魚沼市出身で山梨県に在住しています。 第26回新美南吉童話賞 「つるっと神社」最優秀賞受賞(文部科学大臣賞) キッズエクスプレス21・絵本テキスト大賞・日本作詞家大賞・家の光童話賞・阿賀北ロマン賞などに入賞。 子どもの目線を大切にして、物語を創っていきたいです。 「こぶんたん」同人 「鬼ケ島通信」会員

やまうちゆうか

1993年北海道生まれ。 小さい頃から自然に恵まれ育ちました。 イラストレーター、絵本作家を目指し、北海道で活動中です。 よろしくお願いいたします。 Twitter:@yuukaehon